体型 下半身デブ ダイエット

下半身デブとО脚

 

 

下半身は遺伝であってか、親ともに太っています。特に太ももが一般サイズより二回りくらい大きく、スキニーが穿きたくても外見がとても悪くなり、穿くのが億劫になってしまいます。またほかにも、ショートパンツが穿けないなどおしゃれをしようにも足の太さが原因で足が強調される服が選びにくくなり、サルエルパンツなどゆったりとしたサイズの服を手にとってしまいます。それでも、サイズの目安に書かれている身長より大きいサイズを買って丈が余ったり、足が入るようなサイズを買うと今度はウエスト部分が余ってしまったり、とどうしても足のことを優先にして買ってしまうので、自分に合った服の大きさが全体的にぶかぶかになってしまいます。また、О脚であるため見栄え的にも悪くなります。中学や高校生の時も周りは足を見せようとスカート丈を短くしていましたが、私はこんなもの人様に見せられないと膝くらいのスカート丈で生活していました。正直、堂々と周りに足を見せられる友人たちがうらやましかったです。

足回りのストレッチ、トレーニング

 

 

様々な方法で足の痩せ方を調べてみて、ほぼ全部に共通していたのが太ももの前側の筋肉が使えていないということと骨盤が歪んでいるということでした。そのため、普段使えていない足の筋肉を鍛えるために、様々な方法で筋肉にアプローチしています。もともと外にでて運動をするというアウトドアタイプの人間ではないので、ちょっとした空き時間にやっています太ももの内側の筋肉を鍛えるために、無償で提供されているスクワットアプリをいれ、毎日回数を増やしていき、負荷を大きくしていく。また、内臓の位置も下半身と関係してくるようなので内臓の位置を保つために腹筋を鍛える。などで鍛えています。一通りのトレーニングを終えたあと、こわばってる筋肉をほぐしていきます。正座の姿勢で上半身を後ろにそらしてそのまま数分間その姿勢を保っています。最初は、かなりつらく数秒で限界でしたが、これは動画を見ながらやると気がそちらへ持っていけるので、数分間やるのにだんだん慣れてきます。

こんな記事も読まれています♪